• 編集部S

05.現場が動き出すぞ〜〜!地鎮祭レポート

最終更新: 5月15日

とうとうやってきました!地鎮祭!!! 地鎮祭に初めて参加する私は、終始緊張…。 「お酒とかまくイメージがあるけど、何したらいいか分かんない…」と少し不安に思っていた私にも、現場のスタッフさんや神主さんが礼のタイミングや、酒のまき方などを優しく教えてくださり、地鎮祭を無事終えることができました。



施主の気持ち…。新鮮!!! ここで少し、地鎮祭について知っておくとよい知識を紹介! 地鎮祭には二つの意味があります。 ・家を建てる土地の神様に挨拶をする ・これからの工事の安全を祈願する 地鎮祭の形式は地域ごとに多少異なるようですが、施主が地鎮祭ですることは、だいたいこの3つだそう。 ①玉串奉奠(たまぐしほうてん) 榊(サカキ)などの小枝に神垂(しで)をつけた、

玉串を参列者が順番に神前に捧げて拝礼する儀式。

編集部シキダも拝礼してきました。厳かな雰囲気にドキドキ…。


②地鎮の儀(今回はしていません) 盛砂に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れる儀式。 ③四方祓(しほうばらい) 土地の四隅を清め、工事の無事を祈願する儀式。 今回は、酒、水、塩を順番にまきました。

土地の四隅に塩をまく、グリスマの代表取締役・四道さん。 地鎮祭って、なんだか気持ちがシャンとする、特別な雰囲気です。 「本当にこれから家が建つんだ…」と少し実感が湧いてきました。 次回以降は、少しずつ工事が進む様子をお伝えできるかと思います! お楽しみに!(私も楽しみ!) 家づくりナビとコラボする、グリスマの詳しい情報はコチラ http://myhome-i.net/m/company/b291



© 2020 COLORFUL COMPANY,Inc. All Rights Reserved.